最大10,000円キャシュバックキャンペーン実施中>>

【Y!mobile】ソフトバンクと料金プラン比較!料金に不満があるなら乗り換えがオススメ

まずは結論!

以下の条件に当てはまるなら、ワイモバイルに乗り換えたほうがお得になります。

  • 毎月のデータ通信量が少ない(25GB以下)
  • 家族や同居している人がワイモバイルを使っている・使う可能性がある
  • ソフトバンクを使っていたので、回線の種類を変えたくない

キャリアを変更する場合、見るべきポイントは料金プランですよね。まずは料金が安くなっていることは大前提になると思います。

今回は、ワイモバイルとソフトバンクの料金プラン比較をしてみました。

この記事を読むことで、ワイモバイルとソフトバンクの料金プランの違いがわかります。その結果、あなたがワイモバイルに乗り換えた方が良いのかを判断することができます。

個人的には、ソフトバンクからワイモバイルに乗り換えて正解でした。通信環境は変わらずに、月額の料金が下がったからです。

それでは、詳細を解説していきますね。

MEMO

ワイモバイルの料金プラン、追加オプション、割引サービスの詳細については、「Y!mobile】料金プランを徹底まとめ!スマホプランは割安で使い勝手良し」で解説しています。

ワイモバイルとソフトバンクの料金プランを比較!どっちがお得?

ワイモバイルの料金プランって、結局お得なの?
ソフトバンクの料金プランと比較して、見てみよう!

ワイモバイルだけを見ていても、それがお得なのかを判断するのは難しいですよね。そこで、ソフトバンクの料金と比較をすることで、ワイモバイルがお得なのかを検証してみます。

基本的なスタンスとしては、以下のような考えを持っている人が対象です。

  • ソフトバンクと同じ回線を使えるため、ワイモバイルへの乗り換えを検討している
  • 基本料金を安く抑えたい
まんま、かつての私ですね。

比較に関しては、下記の3つに着目して解説していきますね。

  • スマートフォン・SIMの料金プランの比較
  • 通話料・メール料金の比較
  • 割引サービスの比較

スマートフォン・SIMの料金プランの比較

まずは、スマートフォン・SIMに関する料金プランの比較になります。

ワイモバイルシンプルSシンプルMシンプルL
基本料金2,178円3,278円4,158円
データ容量3GB15GB25GB
価格表記は税込
ソフトバンクスマホデビュープランミニフィットプランメリハリプラン
基本料金2,178円4,378円(〜1GB)
6,578円(〜2GB)
8,228円(〜5GB)
7,678円(〜2GB)
9,328円(〜50GB)
データ容量1GB最大5GB最大50GB
価格表記は税込

ぱっと見でわかると思いますが、ワイモバイルは通信容量に対する基本料が驚くほど安くなっています。

ワイモバイルは3GBなら2,178円(税込)で契約できますが、ソフトバンクでは2GBでも6,578円(税込)の基本料金が必要です。

個人的な結論ですが、

  • データの使用量が25GB以下:ワイモバイルで契約
  • データの使用量が25GB以上:ソフトバンクで契約

という考え方がありかもしれません。

なお、ソフトバンクの料金プランは非常に分かりづらいです。(あえて、分かりづらいようにしている印象があります)

掲載されている料金も、「割引サービスが適用されている価格」であり、標準的な料金は小さい文字かつ脇の方にチラッと書いてあるだけ。

もっとユーザーファーストなサイトを構築してほしいものです。

通話料・メール料金の比較

次は、通話料とメール料金の比較です。

ワイモバイル条件料金
通話料22円/30秒
メールMMS(キャリアメール)0円
SMS3円/通
ソフトバンク 条件料金
通話料スマホデビュープラン5分以内無料
5分超過22円/30秒
(10分超過分のみ)
ミニフィットプラン22円/30秒
メリハリプラン
メールMMS(キャリアメール)0円
SMSソフトバンク携帯0円
それ以外3円/通

通話料に関しては、どっこいどっこいな印象があります。

ワイモバイルでは22円/30秒の通話料が発生します。かけ放題のプランを追加することはできますが、+1,870円(税込)のオプション料金が追加になります。

ソフトバンクもだいたい同じですね。ただしプランによっては5分以内無料になることも。また「+880(税込)円で5分間無料」、「+1,980円(税込)で全額無料」のオプションが追加可能です。

メールに関しては、どちらも同じくらいですね。

割引サービスの比較

最後は割引サービスの比較です。

ワイモバイル割引料金期間
家族割1,080円永年
おうち割(光セット)1,080円永年
おうち割(でんきセット)50円〜100円永年
ソフトバンク割引料金期間
半年おトク割1,000円6ヶ月
家族割通話・メール無料永年
おうち割(光セット)1,000円永年
おうち割(でんきセット)100円永年

割引サービスに関しては、ワイモバイル・ソフトバンク共におおよそ似通ったものでした。

唯一大きな差があるとすれば、「家族割」。

ワイモバイルの家族割は、「複数回線を契約すれば2回線目から基本料金が1,080円割引になる」というもの。一方でソフトバンクは、「通話・メールが無料になる」というものでした。

特に費用がかかるのが通話料の部分。ここは個々人で使用時間・回数が変わるので一概には言えない部分ですが、自分がお得になる方と契約するのがベストかと思います。

MEMO

ワイモバイルとソフトバンクの家族割については「ワイモバイルとソフトバンクの家族割を比較 | どっちがお得?」で比較検証をしています。

ワイモバイルはこんな人にオススメ

結局、ワイモバイルはどんな人にオススメなのかな?
ワイモバイルはこんな人にオススメだよ!

  • 毎月のデータ通信量が少ない(25GB以下が理想)
  • 家族や同居している人がワイモバイルを使っている・使う可能性がある
  • ソフトバンクを使っていたので、回線の種類を変えたくない

上記に当てはまる方であれば、ワイモバイルは間違いなくオススメなキャリアになっています。

私もソフトバンクからワイモバイルに乗り換えをしましたが、料金も安くなって毎月の請求を確認するのが楽しみになりましたね。

まずはソフトバンクの請求から。

ソフトバンク請求

合計金額には、ソフトバンク光の費用も含まれているので実際は7,892円です。

こちらがワイモバイルに乗り換えた後の請求です。

ワイモバイル請求

料金プランは真ん中の「スマホベーシックプランM」です。新規割は6ヶ月しか継続しないので、実質3,532円ですね。

それでは比較です。

キャリア請求額(月)請求額(年)
ワイモバイル3,532円42,384円
ソフトバンク7,892円94,704円
差額Δ4,360円Δ52,320円

こんなに違うんだ・・・。
そう、これが格安SIMに切り替える最大のメリットなんです。

はっきり言うと、ワイモバイルとソフトバンクでプランの内容はさほど変わりません。またサポートも大きな差はないはずです。

なのに、料金の差額は年間約50,000円ほど発生しています。

大手キャリアにしておく理由ってあるの?
う〜ん、私もワイモバイルに乗り換えてから何も困っていないので・・・ないかも?

まとめ

今回は「ワイモバイルとソフトバンクの料金プラン比較」を解説しました。

ポイントは以下となっています。

  • ◆料金プラン、ワイモバイルが優れている
  • ◆通話料や割引サービスは、お互いどっこいどっこいの印象

ソフトバンクを使っていて料金に不満を持っている人であれば、ワイモバイルに乗り換えても損はありません。

月額の出費を抑えることができるので、同じ通信環境にありながら別のことにお金を使えるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA