【毎日】最大10,000円キャシュバックキャンペーン実施中>>

【体験談】ワイモバイルへMNP(のりかえ)で、月額料金は安くなる?

まずは結論!
  • ソフトバンクから乗りかえれば、間違いなく安くなる
  • 大きなデメリットは感じない

格安SIMへ乗りかえる場合、気になる部分は毎月の料金ですよね。ここが大きく変わらないなら乗りかえるメリットはありません。

また、料金が安くなったとしても通信が遅いなどのデメリットが増えるのも考えものです。

今回は「ワイモバイルへMNP(のりかえ)で、月額料金は安くなる?」について解説しています。

明細なども公開しながら話を進めていくので、ワイモバイルへの乗りかえを検討しているなら、ぜひ見ていってくださいね。

ワイモバイルへの乗り換えで安くなる?月額料金を全公開!

ワイモバイルへの乗り換えで本当に安くなるの?
そこは大丈夫。私の請求金額も公開しちゃうよ!

ソフトバンクからワイモバイルへ乗り換える理由で一番多いのは、月額料金を安くするためだと思います。私自身もその理由で乗り換えました。

しかし、実際に乗り換えてみて、月額料金が割と高かったら嫌ですよね。

結論から言っちゃいますが、絶対に安くなります!

論より証拠。まずは私自身の請求金額をご覧ください。

ワイモバイルからの請求金額

ワイモバイル請求

ワイモバイルでの請求金額は、2,832円です。

契約条件としては、

  • スマホベーシックプランM
  • 新規割
  • 家族割引サービス

となっています。特にオプションなどは加入していません。

新規割は半年間で終了、また家族割サービスを適用できない方もいるので、その分を差し引くと実質4,032円となります。

ソフトバンクからの請求金額

ソフトバンク請求

ソフトバンクからの請求金額は12,624円です。

契約条件としては、

  • 通話定額ライト基本料
  • データ定額20GB
  • ソフトバンク光

となっています。

請求額が少し高くなっているのは、ソフトバンク光の請求額が合算されているため。

その分を差し引くと、実質7,892円となります。

ワイモバイルとソフトバンクの料金を比較

ワイモバイルとソフトバンクの料金をまとめてみます。

月額料金年間料金
ワイモバイル4,032円48,384円
ソフトバンク7,892円94,704円
差額Δ3,860円Δ46,320円

結果としては、

  • 月額料金:-3,860円
  • 年間料金:-46,320円

となりました。

おおよそ半額になったような感じですね。

上記で説明した通り、私のワイモバイル料金プランでは、この金額に加えて半年間の新規割(-700円)と永年の家族割(-500円)がの割引が発生します。

そのため、グッとお得になったことを実感しました。

すごい割安になったんだね・・・。
自分でも驚きました。こんなに安くなるなんて。

ソフトバンクは20GBのプランに加入していたため、もう少しデータ量の少ないプランに変更して入れば、費用は抑えられたかもしれません。

しかし、ワイモバイルの料金プランと比較すると、天と地の差があるのは明確です。

MEMO

ワイモバイルとソフトバンクでは料金プランに大きな違いがあります。

Y!mobile】ソフトバンクと料金プラン比較!料金に不満があるなら乗り換えがオススメ 

ワイモバイルへMNP(のりかえ)で感じるメリット・デメリット

安くなるのはいいんだけど、やっぱりデメリットもあるんじゃない?
色々考えて見たけど、特にデメリットを感じないんだよね。

ワイモバイルへの乗り換えで気になるところと言えば、メリット・デメリットは誰しもが思うところですよね。

ここでは、私が感じたメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

ワイモバイルへ乗り換えたメリット

私がワイモバイルへ乗り換えたときに感じたメリットは以下の通りです。

  • 月額料金が安くなった(およそ半額)
  • ソフトバンクと変わらない通信品質

これ以外にも色々とありますが、特に気になったものを厳選しています。

月額料金に関しては前章で説明したとおり約半額となりました。

ぶっちゃけ、これが一番大きく感じたメリットですね。

格安SIMに乗り換えるのは、料金を安くするためっていうのが目的だからね。

加えて、ワイモバイルではソフトバンクと同じ通信を使っているため通信も高品質。正直、通信状況に関してはソフトバンクと同様に使えており、特に不満は感じません。

ワイモバイルへ乗り換えたデメリット

次は、私がワイモバイルへ乗り換えたときに感じたデメリットです。

  • 特になし

えっ、ないの?
色々考えて見たけど、ないんだよな〜。

少し怪しく思うかもしれませんが、個人的にはデメリットを感じませんでした。

MEMO

ワイモバイルのメリット・デメリットは「Y!mobile】メリット・デメリットを厳選まとめ!」で紹介しています。

そんな感じで色々と悪いところを探してみたのですが、特になしという結論に至ってしまいました。

デメリットがないっていうのも珍しいよね。
ちょっと怪しく感じてしまうかもですが・・・

3GB以内の利用なら、間違いなくお得に使える

スマートフォンでの料金プランでは以下3つのプランが用意されています。

シンプルプラン

引用:スマホベーシックプラン|料金|Y!mobile – 格安SIM・スマホはワイモバイルで

SML
シンプルプラン2,178円3,278円4,158円

どの料金プランでもお得に使えますが、「M」、「L」プランだと少し割高に感じてしまうと思います。なぜなら、大手キャリアでも格安の料金プランを打ち出しており、20GBで2,728(税込)〜利用できるからです。

そのためワイモバイルを使うのであれば「S」プランをオススメします。この料金プランであれば間違いなくお得ですし、かつデータ容量も3GBまで使えるので普通に使う分には十分だと思います。

MEMO

ワイモバイルの料金プランについては、「Y!mobile】料金プランを徹底まとめ!スマホプランは割安で使い勝手良し」でまとめています。

まとめ

今回は、「ワイモバイルへのMNP(のりかえ)で本当に安くなる?」について解説しました。

個人的な体験談とはなりますが、ソフトバンクと比較するとおよそ半額になりました。

それによって何かデメリットを感じるかというと、全くそんなことはありませんでした。

ワイモバイルはソフトバンクと同じ通信回線を利用しているため、格安SIMで不満の大きい通信の部分では全く問題ありません。

もし携帯料金が高額になっているのであれば、安くならないかどうかを検討してみてください。

毎月の固定費が安くなれば、生活がグッと楽になることは間違いないですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA