最大10,000円キャシュバックキャンペーン実施中>>

【Y!mobile】iPhoneSEの端末代金・在庫状況を徹底解説!

まずは結論!

ワイモバイルのiPhoneSEは、キャンペーンを使えば安くなります。

[契約しても良いケース]

  • 新規契約
  • ソフトバンク(MVNO含む)以外からのMNP

※スマホプランはS/M/RどれでもOK

[契約したらダメなケース]

  • ソフトバンク(MVNO含む)からのMNP
  • 機種変更

→AppleStoreなどで購入した方が端末代は安いです。

  • ワイモバイルのiPhoneSEは安く買える?
  • どのくらい割引で買えるのが知りたい!

ワイモバイルへ乗り換える際、端末の購入を検討している人もいるかと思います。しかし、端末代が割高になるのは嫌ですよね。

かといって、複数のサイトを回って一番安いところを探すのも面倒ですよね。

今回は「ワイモバイルのiPhoneSE 端末代金・在庫状況」について解説しています。

iPhoneSEを本当に安く買えるのか?を徹底的に解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ワイモバイルのiPhoneSEは安い?

ワイモバイルでもiPhoneSEは購入できるけど、安く買えるものなの?
キャンペーンを適用すれば、割と安く購入できるよ。

ワイモバイルで契約できるiPhoneSEは安いのでしょうか?そのあたりを、他のキャリアや一般的な相場と比較しながら検証していきます。

iPhoneSEの価格・在庫状況

iPhoneSEを取り扱っている格安ブランドの「ワイモバイル 」と「UQモバイル」を比較した表になります。

結論ですが、もっとも安いプランは、

とは言っても、新規/MNP/機種変更/加入するプランなどの条件によって割引額は変わってきますので、あなたのプランでの最安値で選んでもらうのがベストですね。

 64GB128GB
ワイモバイル
(Yahooモバイル店)
新規・MNP36,505円42,985円
ソフトバンク(MVNO含む)
からのMNP
52,345円58,825円
機種変更50,700円57,180円
ワイモバイル
(ソフトバンク運営店)
新規・MNP36,600円43,080円
ソフトバンク(MVNO含む)
からのMNP
54,600円61,080円
機種変更50,400円56,880円
UQモバイル新規・MNP35,640円47,520円
機種変更43,560円55,440円
価格表示は税込

大手キャリア(Docomo、au、ソフトバンク)でもiPhoneSEの取り扱いはありますが、大手キャリアは月額料金自体が高いため、端末価格を比較しても余り意味がありません。そのため、比較からは外してあります。

また、ワイモバイルやUQモバイル以外の格安SIMでも取り扱いのあるところはありますが、通信速度などは劣るため、それも除外しています。

iPhoneSEの取り扱い在庫状況ですが、

ワイモバイルストアYahoo!モバイルストア
メモリ64GB
128GB
256GB
カラーホワイト
ブラック
レッド

256GBが欲しい人は、SIMフリー端末を別に購入するしかなさそうです。

ワイモバイルの価格詳細

ワイモバイルでは、割引キャンペーンを実施しています。

ワイモバイルの割引キャンペーンを適用した結果が上記の表になりますが、その詳細は割と複雑です。そのため、しっかりと計算しておかないと何が安いのかサッパリわかりません。

ここでは、その詳細についての計算過程を示していきますが、面倒くさい方は上の表を参考にしてもらえばOKです。

ワイモバイル 
(Yahooモバイル店)
64GB
新規・MNPソフトバンク(MVNO)
からのMNP
機種変更
定価57,600円57,600円57,600円
機種代金割引Δ15,840円Δ7,200円
キャンペーン割引
(5のつく日、日曜日)
Δ8,555円Δ8,555円Δ3,000円
事務手数料3,300円3,300円3,300円
合計36,505円52,345円50,700円
価格表記は税込
ワイモバイル 
(Yahooモバイル店)
128GB
新規・MNPソフトバンク(MVNO)
からのMNP
機種変更
定価64,080円64,080円64,080円
機種代金割引Δ15,840円Δ7,200円
キャンペーン割引
(5のつく日、日曜日)
Δ8,555円Δ8,555円Δ3,000円
事務手数料3,300円3,300円3,300円
合計42,985円58,825円57,180円
価格表記は税込
ワイモバイル
(ソフトバンク運営店)
64GB
新規・MNPソフトバンク(MVNO)
からのMNP
機種変更
定価57,600円57,600円57,600円
機種代金割引Δ18,000円Δ7,200円
キャンペーン割引
(どこでももらえる特典)
Δ3,000円Δ3,000円
事務手数料
合計36,600円54,600円50,400円
価格表記は税込
ワイモバイル
(ソフトバンク運営店)
128GB
新規・MNPソフトバンク(MVNO)
からのMNP
機種変更
定価64,080円64,080円64,080円
機種代金割引Δ18,000円Δ7,200円
キャンペーン割引
(どこでももらえる特典)
Δ3,000円Δ3,000円
事務手数料
合計43,080円61,080円56,880円
価格表記は税込

ポイントとしては、

  • ワイモバイルのオンライストアは2つあり、それぞれで割引額/事務手数料が異なる
  • キャンペーン割引は、契約する日によって割引額が変わるので注意すること(5のつく日、日曜日に契約が鉄則)

詳しいキャンペーン情報については、以下の記事で記載しています。この内容は確実に目を通すようにしてください。手続き方法が割と複雑なため、キャンペーンが適用されない場合も多いためです。

>>【Y!mobile】キャンペーン情報まとめ

【Y!mobile】キャンペーン情報まとめ【2021年9月】

ワイモバイルのiPhoneSEは安いのか?

iPhoneSEのAppleでの定価ですが、

  • 64GB:49,280円(税込)
  • 128GB:54,780円(税込)

となっており、ワイモバイルやUQモバイルが提示する定価よりも安いです。

なので、無理してワイモバイルでiPhoneSEを契約する必要はありません。

ワイモバイルでiPhoneSEを契約したほうが良い場合は?

ワイモバイルでiPhoneSEを契約する場合、当たり前ですが、

Appleストアでの価格よりも安ければ契約してOKです。

契約しても良いケース

  • 新規契約
  • ソフトバンク(MVNO含む)以外からのMNP

※スマホプランはS/M/RどれでもOK

契約したらダメなケース

  • ソフトバンク(MVNO含む)からのMNP
  • 機種変更

この場合は、Applle storeなど安いところでの購入を検討しましょう。

iPhoneSEに乗り換えた際の月額料金は?

ここからは、ワイモバイルでiPhoneSEを契約した場合の月額料金をみていくことにします。

端末料金が月額料金に上乗せされるため、割と高くなってしまうのはしょうがないことですが、どの程度になるのかしっかりと把握しておきましょう。

64GBの場合

iPhoneSEの端末代金は「Yahooモバイル店で新規契約」を想定し、41,760円で算出します。(キャンペーン割引は含まず)

一括払いシンプルSシンプルMシンプルL
プラン料金2,178円3,278円4,158円
月額料金2,178円3,278円4,158円
端末代(一括)41,760円41,760円41,760円
価格表記は税込
24回払いシンプルSシンプルMシンプルL
プラン料金2,178円3,278円4,158円
端末代(分割)1,740円1,740円1,740円
月額料金3,918円5,018円5,898円
価格表記は税込
36回払いシンプルSシンプルMシンプルL
プラン料金2,178円3,278円4,158円
端末代(分割)1,160円1,160円1,160円
月額料金3,338円4,438円5,318円
価格表記は税込

128GBの場合

iPhoneSEの端末代金は「Yahooモバイル店で新規契約」を想定し、48,240円で算出します。(キャンペーン割引は含まず)

一括払いシンプルSシンプルMシンプルL
プラン料金2,178円3,278円4,158円
月額料金2,178円3,278円4,158円
端末代(一括)48,240円48,240円48,240円
価格表記は税込
24回払いシンプルSシンプルMシンプルL
プラン料金2,178円3,278円4,158円
端末代(分割)2,010円2,010円2,010円
月額料金4,188円5,288円6,168円
価格表記は税込
36回払いシンプルSシンプルMシンプルL
プラン料金2,178円3,278円4,158円
端末代(分割)1,340円1,340円1,340円
月額料金3,518円4,618円5,498円
価格表記は税込

ワイモバイルのiPhoneSEを購入/乗り換えるには?

次は、実際にワイモバイルでiPhoneSEを購入/乗り換えする方法について解説していきます。

iPhoneSEの乗り換える方法

iPhoneSEに乗り換える場合はオンラインストアから手続きをすることが可能です。

手続き方法については、以下のように進めると損をせずに購入が可能です。

  1. キャンペーン情報を確認
  2. 「どこでももらえる特典」へエントリー
  3. ワイモバイルストアまたはYahooモバイルストアにて手続き

まずはしっかりとキャンペーン情報を確認しましょう。前章であげた端末料金はキャンペーン割引を含んだ金額です。

そのため、適用条件を満たさない場合は特典を受けられなくなります。

キャンペーン情報と特典を受け取る方法は、キャンペーン情報の記事で解説しています。

>>【Y!mobile】キャンペーン情報まとめ

【Y!mobile】キャンペーン情報まとめ【2021年9月】

また、ワイモバイルでの手続きについては、のりかえ手順をまとめて記事で解説しています。

>>ワイモバイル乗り換え手順 まとめ

ワイモバイルのキャンペーン条件は割と複雑なため、もらえるはずの特典を逃す人が結構います。もったいないので、絶対に逃さないように注意して契約を進めましょう。

乗り換える際は、下取りも活用

iPhone→iPhoneSEに乗り換えるのであれば、下取りも積極的に使っていきましょう。

iPhoneを下取りに出すことで、

  • Paypayボーナス
  • 購入機種代金割引

のどちらかで割引を受けることができます。

下取りの価格にてついては下記に記載があります。

下取りプログラム(対象機種割引額一覧)

一括と分割どちらがお得か?

端末を購入する際、一括と分割(24回払い、36回払い)を選ぶことができます。

分割払いだと手数料を取られそうな気がしますが、安心してください。

一括でも分割でも端末代金は変わりません。

なので、ここはどちらを選んでもOKです。あなたの負担の少ない方を選択しましょう。

タイムセールやアウトレットでも入手できる?

ワイモバイルではタイムセールやアウトレット品などによる特価販売をしています。

しかし、iPhoneSEは割と新しい機種になるので、タイムセールやアウトレットでは取り扱っていません。

iPhoneSE(第2世代)のスペック

カラーホワイト
ブラック
レッド
容量64GB
128GB
256GB(ワイモバイル取扱なし)
画面サイズ4.7インチ
Retina HDディスプレイ
チップA13 Bionicチップ
回線4G/LTE
サイズ138.4 x 67.3 x 7.3mm
重量148g

iPhoneSE(第2世代)のスペックですが、正直申し分ないです。

最新のiPhoneの方がスペックはもちろん高いのですが、その分価格も跳ね上がります。

安く、かつ高品質を求めるのであれば、iPhoneSEは間違いなく選択肢の1つに入ってきますね。

スマホ端末で動画処理などの作業をさせるなら別ですが、Web閲覧や写真撮影などしかしないようであれば、全く問題ありません。十分すぎるくらいです。

私はiPhone7をまだ使ってますが、全く問題なく使えています。なので、SEなら十分すぎるくらい高性能です。

まとめ

今回は「ワイモバイルで取り扱ってるiPhoneSEの在庫状況/ 端末代金」について解説しました。

ワイモバイルで購入する場合は、加入状況によって割引金額が変わります。そのため、Apple storeよりも安く購入できる場合のみワイモバイルで手続きをするようにしたほうがお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA